Cham-Cham

in Cambodia

広がれ音楽

IMG_3450.jpg

川沿いのお気に入りの木。
なんてアーティスティックなんだろう。



P5210394.jpg

紅葉かと思うような鮮やかな葉をつけた木。
名前が分からなくてすみません…


私のカンボジアでの任期も残り一ヶ月を切りました。
今日も夕方からずっと雨が降って、とても心地よい夜です。汗をかかなくて済む幸せ。


プレイベンの町は舗装道路が瞬く間に増え、こんな像も増えています。

P5210372.jpg

ひひーーーん。
夜、シルエットだけ浮かびあがる時間になると、ちょっと怖いです。

blue.png

近頃の2年生の音楽は「リコーダー」

前任者の方が基礎を音楽の先生に教えてくださっていたのと、先日スヴァイリエンの小学校教員養成校へ授業見学に行って刺激を受けたことで、負けん気を持って張り切って教えているネアックルーです。笑

P6030615.jpg

この日は午前午後合わせて4クラス音楽の授業だったのですが、私が色々口を出してしまったのは一時間目位で、その後は要領をつかんだネアックルーがビシバシと指導しておりました。
正直期待していなかったのですが、ほんの一時間だけで、ソとラとシの音をほぼ全員が綺麗な音で吹けていました。ネアックルーも予想外の出来に、嬉しそう。
なんだかんだで、大人は要領をつかむのが上手いのか。言葉と行動が繋がりやすいのか。

2年生は卒業まで残り2ヶ月ほどなので、もうあまり時間はないですが、短い曲を吹いて「リコーダー」という楽器を楽しむ経験、位は全員に味わってほしいなぁと思います。



さて、今日は空き時間を使って1年生の教育実習の現場を見に、小学校巡回に行ってきました。

P6060622.jpg

最近の雨で校庭の半分ほどが水浸しになっていました。

今日はピアノクラブのメンバーが6年生に音楽を教えるとのこと。


P6060626.jpg

前持って準備していた歌詞と楽譜のプリントを配っています。
こんな場面、初めて見ます。


P6060631.jpg

養成校の授業で教えたことのある「ゆかいな牧場」と「蛍の光」(共にクメール語)を教えていました。
楽器なしだと不安定な子ども達の声が、鍵盤ハーモニカが入った途端、ばっちり合ってきます。やっぱり子どもは凄い。
そして、ピアノクラブのメンバーが弾く鍵盤ハーモニカもお上手。
細かいリズムなど、まだ間違っている部分もありましたが、学生みんなで一生懸命歌を教えている姿が嬉しかったです。

P6060646.jpg

そして、これまた、養成校の授業で教えている「動きをつけた歌」を実践してくれていました。
動物のマネをして自然ににやける子どもが可愛いです。



最後の時間は、学生の吹く鍵盤ハーモニカをBGMにして、椅子取りゲームをしていました。

P6060667.jpg



養成校で学んだことを早速実習で生かしてくれていることと、学生の先生らしい立ち振る舞いを見れたのは本当に嬉しい。
それと同時に、ここまで学んだことをやる力があるのなら、もう少しみっちり模擬授業を養成校で設定したり資料を工夫したりすれば良かったなという思いや、いや、でも実際に実践できるのは環境やスキルを鑑みても500人中何人いるんだろう、という途方にくれる思いもふつふつと。

本当に2年間は短い。
スッキリした思いで帰国というのは、私にとってレベルが高いようです。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。