Cham-Cham

in Cambodia

再会と動物園

一年生の教育実習が始まり一週間が経ちました。
私の授業の持ち時間も減ったので、時々小学校や中学校巡回に行っています。
そんななか、実習にも関わらずクラブに通い続ける一年生に感動しています。特にピアノクラブのメンバーの成長がめまぐるしいです。

今日は14時から授業でしたが、180人いるはずの2年生のうち3人しか居ず。
みんな今日から始まる山の方のお祭りに行ったとのこと。

そして今は本当に久しぶりに大雨です。
この雨は本当に嬉しい。いよいよ雨季の始まりです。
薄暗くて涼しい中家に居れるのは至福の時。カンボジアにずっといると、「真っ青な晴天」に飽きてくるので。





さて、半月ほど前のことになりますが、カンボジアに来てすぐにお世話になったホームステイ先の家族に会いにタケオ州に行ってまいりました。

一年半以上ぶりだったにも関わらず、相変わらず優しく迎えてくれた家族と風景にほっと安心する滞在でした。本当にゆっくりとした村なので、久しぶりの桶からの水浴びも違和感なく。
おじいちゃんも以前と変わらない様子で、牛に餌をやり、市場に出かけ、昼寝をして、ラジオを聴いて、という生活をしていました。
生まれたばかりだったはずの女の子の赤ちゃんも近所のお姉さん達に鍛えられて、すっかりわんぱくになっていました。


P5140308.jpg

P5140323.jpg

P5140317.jpg





その後、プノンペンにほど近い所にある「自然動物園」へ。

ここは、厳密に言うと動物保護区で、ライオン、ヒョウ、ゾウ、クマ、サル、フクロウ、カワウソなどがいます。カンボジアでお目にかかれるのが意外!と思う位のバリエーションです。
この日は特に暑くて、持っていたペットボトルの水がお湯になるほどでしたが、やはり動物もぐったりで、
「少しも動きたくないぜ」
という動物の声が聴こえるようでした。


P5150338.jpg

P5150346.jpg

P5150340.jpg

P5150357.jpg

P5150347.jpg




入場料は外国人5ドル。カンボジア人3000リエル(約0.75ドル)。
機会がありましたら是非。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。