Cham-Cham

in Cambodia

2014年12月の記事

新しいパン屋さん

プレイベン州に住んで一年半が経ちましたが、赴任したばかりの頃に比べてバイク・車と新しい建物の数は確実に増え、道路も綺麗になっているのを感じます。ただ、これでも他の州に比べたら開発は遅く、隣の州にはある食べ物(主に洋食)がプレイベンにだけ無いということがよくあり、必然的に自炊かカンボジア料理の二択という非常にシンプルな暮らし方になっています。



そんなプレイベンになんと、
新しいパン屋さん。

ある日何気なく自転車に乗っていると、ガラスケースに並ぶ沢山の種類のパン!即座に下りてパンを物色。
PC220912.jpg

今まで「窯焼きのフランスパン」オンリーだったプレイベンなのに、目の前には「ピザパンぽいもの」や「ロールケーキ」「ドーナツ」「バナナマフィン」などなど沢山の種類のパン。味はいまいちなものもありますが、バナナマフィンは結構イケる。

PC220916.jpg
なぜ、ワニにした!?
思わずつっこみたくなるような動物パンがあるのは、カンボジアならではです。

勿論窯焼きのフランスパンは絶品ですが、プレイベンでこれだけの種類のパンが存在することに感動し、早速お店の人に話を聞くと、「プノンペンで修行して、プレイベンでパン屋を開いたんだよー」と。なるほど、お店の奥には高そうな大きいパンをつくるための機械が。


それにしてもプレイベンで初のたくさんの種類のパン屋だったので、「初めてだよ!すごいね!嬉しいよ!」と想いを伝えるとお店のお兄さんも照れくさそうでした。いくら首都で同じようなパン屋が普通に存在しているとはいえ、何もないところに初めてつくる、という行為は勇気がいるはず。それにしても、最貧州の一つといわれているプレイベンも、最近お金持ちそうな人をよく見かけるので、今まさにこういうお店は需要が高まっているはずでタイミングも良いなぁと思いました。

そしてこのパン屋さん、日に日に種類を増やし、
遂に「ケーキ」まで始めていました!
PC220907.jpg

クリームたっぷりのカップケーキ(今日食べたんですが、結構美味しかった)や予約制のバースデーケーキ。
奇抜なクリームの色がちょっと気になるとこですが、プレイベンでこんなケーキを見かけるようになるとは、本当に時の流れを感じます。

こうやって町は変わっていくんですね。
3年くらい経ったら、カプチーノとかが登場するのかしら。





さて、学校の方は嬉しいことが幾つか。

PC220904.jpg

・ようやく音楽室で音楽の授業ができるようになりました。
かなり狭くて、鍵盤ハーモニカの授業なんてどうするの!?という感じなので、まだまだ環境整備が必要ですが、落ち着いて歌える環境になっています。
何よりピアノ伴奏できるのが、嬉しい。


・学生から少しずつ集めたお金で体育の教具が増えました。
JICAの支援に頼り過ぎず自分達で必要な物を揃える姿勢が嬉しいです。


・一新した体育の年間指導計画を体育教官がしっかり使ってくれていました。
他州の隊員の力を借りながら、一年で高学年の内容が網羅できるように組み立てた年間指導計画にチェック表をくっつけたものを渡したら、体育教官がきちんと内容と既習チェックしながら使っていました。

小さなことですが、嬉しい。



そうこうしているうちに、一月は一年生が入学してきます。
なんと、320人、10クラス。
全国の養成校で最も多いのでは…
多すぎる…
一年生と二年生の体育と音楽と時々図工を見ると考えると、頭が混乱してきそうですが、必要なポイントを押さえてなんとかやってきたいと思います。それに加えて通いたい近隣の学校や施設もあるのですが、そんなに器用な方じゃないので、やれるだけやってみようーという感じでいます。




そういえば今日はクリスマスイブですね。

昨日は近所の海外ボランティア組でクリスマスパーティ。
今日の音楽の時間は学生に「we wish a merry Christmas」を教えました。
宗教の違いはありますが、曲自体に魅力があるので、みんなかなり楽しそうでした。こういう時にしらけてしまう学生が一人もいないというのは、本当にカンボジアの凄いところだなぁとつくづく思います。

去年と同様、クリスマスをほとんど感じない町と気候ですが、家でクリスマスソングを聴きながら微かに漂うクリスマスに想いを馳せています。
やはりこのアルバムは逸品です。





メリークリスマス!
スポンサーサイト

Vietnam

母と一緒にホーチミンへ。



私の住むカンボジアの町からバスでたった5時間。
ですが、建物も人の様子も道路の質も全然違う。国が違うとはこういうことなのかと思います。


歩道を歩いていても急にバイクが飛び出してきて何度もヒヤっとしましたが、かなり優しいベトナム人に巡り合ったりして癒しもありました。


PC020752.jpg

PC050803.jpg

PC050811.jpg

PC050846.jpg

PC050845.jpg

PC030781.jpg

PC030785.jpg






マット解禁

本格的に乾季になり、朝と夜はとても涼しいです。
扇風機がなくてもヨガができるし、タオルケットにくるまれて寝ると丁度良いくらい。なんとも幸せな気温です。
これが続くのも1月位まで…

プレイベンの大きな池もだいぶ水量が減りました。
PB230679.jpg
相変わらずゴミが、あぁぁ。


さて。ブログが一ヶ月以上も放置状態になってしまいました。

学校の方は11月から新学期が始まり、お昼休みの音楽クラブも日本語教室も再開。
音楽クラブのメンバーは、鍵盤ハーモニカを持ち帰るようになってから上達が本当に早い。最近出張が多かったのでクラブ練習も不定期なのですが、間が空いても伝えておいた日にみんなちゃんと来てる!これは、かなり嬉しい。

学校外では、コンポンチュナムでの最後のミュージックキャラバンがあったり、曲作りのお仕事を頂いたり。母や友人がカンボジア来てくれて、とてもとても嬉しかったりと、そんな日々を過ごしておりました。



体育の2年生の年間計画の改定ができました。時間配分だけ教員2人と話し合って微調整は私がやり表に作り上げました。渡してからまた訂正するところを聞こうと思ったのですが、「いいよー、これで。」と言ってきた。本当に見たのかな。多分見てないよなぁ。

そして、理論の時間を15分設けてから実技に入るというスタイルを目指して学生にしっかり授業記録をとる習慣をつけさせようとしているところですが、まだうまくいきそうにはありません…
新学期恒例体力テストも終え、クメール体操・縄跳びもやりました。

PC010731.jpg

ちょうど母が来ていたのですが、なぜか縄跳びに参加したいと言い出す母。
学生に混ざって割と楽しそうに飛んでいました。
クラスでの8の字跳びもかなりうまくて連続跳びが出来た時は学生も自分達に拍手。



そして、いよいよ解禁。
体育教官と学生と手作りしたマットで器械運動の授業。

今の2年生が1年生の時にはマットがなかったので、まず初歩のステップから。

PC090849.jpg

手をつないでぐるぐる回る。
女子学生は、マットに寝転んでぐるぐる回るだけでもかなり恥ずかしそう。そして、男子学生もそれをかなり嬉しそうに見る。笑
小学生みたいなうちの学生達。本当に可愛い。
最終的には、全員驚嘆の声をあげながらぐるぐる。



そして、学生達生まれて初めての前転に挑戦。
首を使うし慎重にならなければいけないので、きちんと準備運動をしました。

PC090858.jpg

私がお手本を見せてから、チャレンジしたのですが、なかなか難しい。
男子学生はなぜかハンドスプリングみたいな感じになっていて、びっくりしました。逆に高度。
でも、さすがもともと運動神経が良いなと思っていた学生はみんなすんなり前転してました。
女子学生も一回目できなかった子が諦めずに挑戦して、前転できたりと、よく頑張っていました。


そして昨日は、体育教員2人と相談して必要な体育教具をピックアップ。
その後、「じゃあ、買い出しよろしくね!」と言われたので「は!私は一人では絶対に行きません!」と言い、一緒に市場に買い出しに行きました。そんな日頃のイライラは絶えずあるわけですが、まぁ仲よくやっています。


PC130891.jpg

PC130883.jpg
紐を買ったんですが、なぜか㎏売り。笑



日本は今日衆議院選挙ですね。
私の周りの友人達は皆政治に関心がある人ばかりなので、同年代の投票率の低さには毎回驚いています。
選挙のシステムに問題があるのかもしれませんが。
それでも変に諦めたり他人事のように解決したくはないです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。