Cham-Cham

in Cambodia

2014年08月の記事

体育 in バッタンバン州

ご無沙汰しています。
一ヶ月以上も更新が滞ってしまったがために広告が出てきてしまいました。反省。

あれから、バッタンバン州での体育研修、一年の節目にある中間報告会、NGOとの会議や打ち合わせ等々ありいつのまにか8月になっていました。
現在カンボジアは雨期の中の小乾季で、ここ3日間うだるような暑さが戻ってきています。
この小乾季は10日ほどで終わるそう。



さて、首都プノンペンから6時間バスに揺られて、、、、バッタンバン州の授業研究では、2つの小学校と1つの教員養成校の授業を見てきました。ちなみにバスに乗る前にプレイベンの体育教官2人のうち1人が腹痛で行くのを断念。またしても全員で授業研究に行けず。



P7148475.jpg

6年生の長縄跳び。
50歳を過ぎて今年から初めて体育の授業に挑戦しはじめた女性の先生の授業。
ベテランの先生ですが、今までやらなかったことに取り組むのは相当労力を使うはず。毎時間体育の授業ができてるわけではないそうですが、子どもが体育の授業に自然に向き合えていたし(みんなものすごいジャンプ力!!!)ちょっとずつやろうとしているだけ凄いことなのではないかと思っています。




P7158541.jpg

5年生のバレー。
学校の中で最も体育を頑張っている先生の授業だったので、試合前後の挨拶もしっかりしていたし笛の使い方も審判も上手で、逆に私の配属先の教官の良い勉強になっていました。
このあたりから普段ほとんど自分の意見を言わないうちの体育教官Sが、授業を見ながら自分の気がついたことや疑問点を私に話してくれるようになりました。
「男子と女子でチームを分けているから、女子も積極的に動けてるね!」
「ボールをバウンドする試合は5年生の領域じゃない気がするんだけど、どうだったっけ??」などなど。


その後の協議会で、確かに5学年の領域ではない試合方法だったけれど、去年から体育を始めたので第一段階として必要なステップ、という意見に全員納得。指導書に書いてあることは全部その通りにしなきゃ!というカンボジア人の意識の中にも程よく柔軟性が必要だなと感じる一幕でした。

P7158564.jpg

隣で授業を受けていたとろけるように可愛い2年生たち。





P7158625.jpg


続いてベテラン体育教官のいる小学校教員養成校へ。
2年生のドッチボール。
なんて見事な校庭。そしてものすごいテンションの高い学生達。小学生にも引けを取らない、いやそれ以上のハイテンションぶりに驚き。よっぽど毎日楽しい授業なんだろうなぁ。
協議会ではこの授業に至るまでの前時の流れや準備運動に関する提案などが議論になりました。
ベテランの先生だったので、チャンスがあれば指導案の書き方の指導の授業も見てみたかったなぁ。そろそろただの体育指導ではなく指導法の指導をしなければという意識も込めて。

今回は授業3本だったこともあり、少々くたびれましたが、どの教官も授業を見るということに慣れてきている感じがしました。そのせいか、ただ単に良い悪いの意見ではなくて、疑問が出たら全員で指導書を見て確認することやもっと良くするための具体案が交換できていました。
私がやっぱり何より嬉しかったのは、今まで授業研究に行っても「いい授業だね、言うことないよ」くらいしか言わなかった教官Sが、日々の授業を振り返って自分の意見を積極的に言っていたこと。それだけバッタンバンの先生たちが良い授業をしてくれたのもあるし、もしかしたら自分のやりたい体育の授業というのがイメージできるようになってきたのかもと思いました。今まで授業を見せてくれた各州のボランティアと教官、それから今回のメンバーには本当に感謝。
また一足前に進んだように見えて、二足後ろに下がったりするんでしょうけれど、私ももう少し見通しをもってサポートせねばと思います。



さてさて、授業研究のあとは、


P7158586.jpg

バッタンバン名物「バンブートレイン」
その名の通り竹でできていて、簡単なエンジンで動きます。

P7158594.jpg

ガタガタなレールの上を結構なスピードで駆け抜けるので、割とスリリング。


P7148505.jpg

バッタンバンには「サーカス」もあります。
外国人は10ドルとかなり高めですが、それに見合うだけの価値ありです。サーカス中の音楽は全てカンボジアの伝統楽器による演奏でした。
NGOが支援しています。http://www.phareps.org/




最後に・・・・・

P7158642.jpg

これなんだか分かりますか??
ネズミです。
初めて焼きネズミを食しました。と、言っても私はひと口だけ。うちの教官Sは「うまいうまい」言って5匹ほどたいらげ、協力隊のメンバーの一人も「豚より牛より美味しい!」と言いながら目を輝かせて食べていました。
確かに味と感触は悪くないのですが、焼きネズミの目と目が合うとやるせないし、ひと口で限界でしたよー。


また一つカンボジアの洗礼を受けて、成長できたような気がします。笑








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。