Cham-Cham

in Cambodia

カテゴリー "文化" の記事

happy khmer new year!!

IMG_3310.jpg


happy khmer new year!!!!

4月14・15・16日はクメール正月でした。ラオスもタイもミャンマーも同時に新年を迎えましたね。
去年の正月休みにはベトナム一人旅に出ていたので、今年初めての正月体験でしたが、なかなか濃い洗礼を受けました。


今回は色々な予定が重なり正月休みは一週間ほどシェムリアップに滞在していました。
正月休みはどこに行くの?と学生に聞かれ、シェムリアップに行くよと答えていたら、「サバーイサバーイ!(楽しいね!)」とその都度確信を持って言われていたのですが、行ってその意味が分かりました。



◎アンコールワット遺跡内の象のテラス前のダンス会場にて。

IMG_3316.jpg

消防車から人に向けて本気の放水。
その水をハイテンションで受け止め、踊り狂う人達。

ちなみに、この消防車は2台だけだったので、何度も往復して水を貯えに行ってました。
放水役の男性は本当ににやにや嬉しそうで、誰よりもこの場を楽しんでいるんじゃなかろうかと思いました。
かなりかなり暑い日だったので、私も浴びました!!水がものすごく鉄臭かった。




私がいた会場ではないのですが、youtubeに2015人でダンスしている今年の映像がありました!しかもなんとギネスレコードにも登録しようとしています。笑 
このmadisonという踊りがカンボジア人は本当に本当に本当にほんとーーーーに好きで、結婚式でも教育実習の打ち上げでも必ず踊っています。
しかも、この映像の歌は正月の青少年(参加者)向けの歌詞にアレンジされてました。カンボジアの底力…




この日本当に暑かったので、倒れた人いなかったかな、大丈夫かな。





◎シェムリアップのレストランやバーが集まるパブストリートにて。


IMG_3326.jpg


ホワイトパウダー(顔用)を塗りたくり合い、水鉄砲で水を掛け合い、酔っぱらう若者たち。

酔っ払いが水鉄砲してる位では、可愛いもんなのですが、このホワイトパウダーが曲者で、ストリートにびっちり埋まった若者がほぼ全員パウダーをぶちまけていたので、空気が白く濁っていました。
実はこの中を一瞬通ったのですが、有無を言わさずパウダーをかけられるので、息が出来なくなるかと思いました…!!すぐ避難しましたが、恐るべしカンボジア。警察もずっと監視してました。



そんなこんなで、プレイベンの若者が憧れるシェムリアップの正月はかなりファンキーな盛り上がり方でした。
ちなみにカンボジア人のほとんどの人は、お寺に行き、家でお供えをして、まったりひたすらテレビを見るというお正月の過ごし方ですよ。


カンボジアの新年、良いことが待っていますように。
スポンサーサイト

chinese new year!

ハッピーチャイニーズニューイヤー!

先日の中華正月、プレイベンも盛り上がっていました。
まず、朝10時から11時の間至るところで、この風景。

P2181807.jpg

P2181817.jpg

P2181828.jpg

あちらこちらで、100ドル札が燃やされていました!

…勿論偽札です。笑 偽100ドル札の他にも、紙で出来た偽腕時計、偽ブレスレット、偽スマートフォン等も燃やされていました。聞くところによると、「先祖が天国でお金や物に困らないように」とのことで、それを送るために燃やすのだそうです。
私が冗談で
「ご先祖さんはさすがにスマートフォンの使い方知らないんじゃない?」
と言ったら、
「きっと誰が得意な人がいるから大丈夫。」
と笑っていました。




昨年もブログに書いたかもしれないのですが、カンボジアの正式なお正月であるクメールニューイヤーは4月です。
それなのに、どうして中華正月を祝うのかというとカンボジアに華僑の方がいるからです。
3年前のデータになってしまいますが、華僑が多く住む国としてカンボジアは15位で34万人。日本は14位の52万人、1位はインドネシアの767万人だそうです。カンボジアの人口は約1500万人で、割合としては0.02%。そこまで多いという訳ではないですよね。
「華僑がそんなに沢山いるわけじゃないのに、どうしてプレイベンみたいな田舎でもみんな祝ってるの??」
と聞いたら、
「隣りの家が華僑だとして、その家が正月に美味しそうなご馳走を沢山作るから、うちが普通のご飯作ってたらそれを見た子どもが羨んじゃうのよ。それに、天国の先祖も華僑の人が隣でご馳走食べてるの見たら、私たちと同じように羨むだろうしね。笑」
と言っていました。
なるほど、結構納得のいく理由でした。それに日本人と同じでカンボジア人もイベント好きですから、キリスト教徒でもない日本人がクリスマスに食いつくのとそう変わらない気がします。中華正月を祝う風習がカンボジアでこれだけ浸透しているということは、経済効果もありそうです。それにお隣の国ベトナム、タイにも華僑が多いので、この広がりもそこまで不自然ではありません。


そのご馳走ですが、、、

P2181825.jpg

大量のビール、果物に、子豚様の丸焼き!とスピーカーから大音量の音楽。
ものすごいパンチが効いてます。これを先祖に供えたあとに、家族親戚で他の料理と一緒に頂くそうです。
どうりで、最近子豚が沢山乗ったトラックを見た訳だわ。。。


ちなみにうちの大家さんは「先祖に華僑はいないけど、周りがやってるから祝うタイプ」のカンボジア人なので、

P2181831.jpg

こんな感じでさっきの家と比べるとちょっぴり遠慮がちでおしとやかなお供えでした。
私も昼ごはんにお呼ばれして中華正月によく食べるという野菜と牛の皮たっぷりのスープときのこ類とお肉の入った炒め物を美味しく頂きました。
カンボジア人の行事に入り込む瞬間は、たとえそれがショッキングな光景だったとしてもやっぱり新鮮で面白いし、受け入れられている嬉しさがあります。



お昼はどの家庭でも和やかにご馳走を食べていると思いきや、時折爆竹と花火の音も鳴り響いていました。
スウェーデンに住む友人も言っていましたが、ニューイヤーというと爆竹と花火の音でものすごいことになるらしく、やってることは世界どこでも同じですね。


去年のクメール正月休暇はベトナムを南北縦断する一人旅に行ってしましましたが、今年はカンボジアで過ごそうと思います。
中華正月にこれだけ気合いの入るカンボジア人ですから、クメール正月はさぞかし大変なことになるんだろうなぁ。

ボートレース

ある日、我が街プレイベンで車に乗っていた時のこと。

急停車する車。

また牛の隊群が道を渡っているのかしらと、窓の外を覗くと…


P9199437.jpg

おや。

P9199442.jpg

あら。


P9199443.jpg


P9199447.jpg


でした!!!


そうです。
今年はようやく3年振りにプレイベンで水祭りのためのボートレースが開催されるのです。
去年はプレイベンでなかったために、隣のスヴァイリエンまで見に行きましたが、今年はついに我が街で見ることが出来ます。
レースの準備のために保管場所から頑張って移動させているところに運良く?立ち合うことができました。
この舟30人くらいの成人男性が乗るので、並みの長さではありません。
結局この通せんぼから解放されるのに、20分くらい要しました。とほほ。



blue.png

さてさて、約3週間後ボートレースが一日半に渡って開催されました。

PA070137.jpg

PA070138.jpg

相変わらず、痛いくらいの良い天気。

会場の川沿いに行ってみると、人がわんさか、屋台もたくさんです。




IMG_2711.jpg

かっこいい!!!!

プレイベン州の各地から集まった色とりどりの舟、Tシャツの色が賑やかです。


PA070131.jpg

競技前の選手の皆さんの意気込みもなかなか。


PA070153.jpg

大人も子供も沢山の人が見にきていました。
さすが、カンボジアの子ども達。急な斜面でも平気で観戦できます。


PA070135.jpg

競技前の時間には、カンボジアの伝統楽器の演奏もありました。
よく知っている音楽先生と子どもが演奏していたので、びっくりしました。


さて、ここで皆さんに競技の白熱ぶりを伝えたいので、久々に動画をアップロードします。

[広告] VPS

レースの場所と岸が結構な距離だったのですが、どのチームも息ぴったり櫂が動いていて、迫力がありました。

今回プレイベンで優勝したチームは来月行われるプノンペンでのボートレースに出場します。
私は見に行けるかまだ分かりませんが、プレイベンチームの頑張りをもう一度見たいところ。
観光地もなくて名産品もないプレイベンだけど、どうか良い成績が残せますように!

踊り×農業

プノンペンに着きました。今月二回目。


今回はプレイベンを朝5:30に出発する車だったので、家を出ると道が薄暗くて、犬がたくさん吠えてきて、もう早い便で行くのは止めようと思いました。

でもクーラー付きの快適な車で、寄り道もなかったので、前回3時間半かかったところを2時間で来れるという速さ。
得した気分です。




さて、今日は「踊り×農業」。

ある日、プサー(市場)で買い物をしていたら、何やら楽器の音が聴こえてくる。
音のする方に向かっていくと、ある建物の中で楽器を演奏したり、踊っている人がいる。

P9112835.jpg
↑TAKHEという楽器。
左手でフレットみたいなところを抑えて右手で爪弾く。

P9112862.jpg
↑名前忘れてしまった。
見た通り、木琴の奏法と一緒。あぐらをかいて演奏すること以外は。

P9112857.jpg
↑「ドレミファソラシド」とクメール語で書いてありますが、どっちの楽器も平均律のドレミとは音が全然違う!
もともと違うのか狂ってきているのか分からない。
しかも黒鍵がない。
なんで、なんで。
これについては、またゆっくり解明していきます。




P9112837.jpg

楽器にも勿論興味はあるけれど、踊り手達の生き生きとした動きに圧倒される。
みんなとても若い。
そして、シンプルなように見える踊りだけど、足や手の動きが柔らかくて細かい。

P9112842.jpg

しかも、よく見ると踊りの中で、米の苗を植えるような仕草や肥料をまくような仕草や穂を刈り取る仕草をしている!まさに米が出来上がるまでの過程を踊りにしたものでした。
本当に面白い。
農作業の動きをこんな素敵な踊りにしてしまうなんて。
そういえば、日本のソーラン節も似たようなところありますね。

P9112853.jpg

P9112844.jpg

ところどころで、踊りの師匠が声をかけてアドバイスしていましたが、本当にみんな楽しそう。
特に女の子達の笑顔が可愛すぎて、女の子の写真をたくさん撮ってしまいました。笑

踊りの中で、男性と女性で持つアイテムが違っていたりして、実際の農作業の時と同様に、役割を棲み分けている感じがしました。


と、言葉で幾ら伝えても伝えきれないので、この動画でどうぞ!


動画:カンボジアの踊り

見れば見るほど農業のいろんな動きが自然に表現されていることに気がつきます。
この土地の人じゃないとわからないけれど、自然に身に付いている動きを文化として繋いでいくのは、なかなか興味深い。


私も真似して円の中に入って踊ってみましたが、微妙に腰を落としたり、指先の動きの注意を払ったりしていると、体が痛くなって、諦めました。
みんな踊りの練習の後は柔軟をやっていました。日々の積み重ね。


どうやら10月に別の州で開かれる踊りのコンテストに出るそうです。
まだ練習は続くようなので、また見に行きたいと思っています。






追伸:
P9112815.jpg
最近自宅の蚊が気になっていたので、大家さんに相談したら翌日すぐに留め金をつけてくれて、無事に蚊帳を設置することができました。
蚊帳の中で寝るなんともいえない安心感。
クーラーや扇風機もちょうどよく伝わってきて良いらしいですよ。
安眠、大事。


おやすみなさい。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。