Cham-Cham

in Cambodia

オークンチュラン

P6261016.jpg
音楽クラブのメンバーによる小さな音楽発表会。


P6291086.jpg
特に明るくてひょうきんなメンバーが多かった二年生のクラス。


P6281049.jpg
最後に大家さんが作ってくれた料理。




数えきれないくらいのカンボジアの思い出と共に、無事に日本に着いてもうすぐ一ヶ月。

P6240969.jpg

家族と友人と日本の職場で担当していた子ども達と同僚の方に本当に感謝しております。
これからは八ヶ岳の麓で頑張ります!


cham cham終わります。
今まで読んで下さって本当に本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

広がれ音楽

IMG_3450.jpg

川沿いのお気に入りの木。
なんてアーティスティックなんだろう。



P5210394.jpg

紅葉かと思うような鮮やかな葉をつけた木。
名前が分からなくてすみません…


私のカンボジアでの任期も残り一ヶ月を切りました。
今日も夕方からずっと雨が降って、とても心地よい夜です。汗をかかなくて済む幸せ。


プレイベンの町は舗装道路が瞬く間に増え、こんな像も増えています。

P5210372.jpg

ひひーーーん。
夜、シルエットだけ浮かびあがる時間になると、ちょっと怖いです。

blue.png

近頃の2年生の音楽は「リコーダー」

前任者の方が基礎を音楽の先生に教えてくださっていたのと、先日スヴァイリエンの小学校教員養成校へ授業見学に行って刺激を受けたことで、負けん気を持って張り切って教えているネアックルーです。笑

P6030615.jpg

この日は午前午後合わせて4クラス音楽の授業だったのですが、私が色々口を出してしまったのは一時間目位で、その後は要領をつかんだネアックルーがビシバシと指導しておりました。
正直期待していなかったのですが、ほんの一時間だけで、ソとラとシの音をほぼ全員が綺麗な音で吹けていました。ネアックルーも予想外の出来に、嬉しそう。
なんだかんだで、大人は要領をつかむのが上手いのか。言葉と行動が繋がりやすいのか。

2年生は卒業まで残り2ヶ月ほどなので、もうあまり時間はないですが、短い曲を吹いて「リコーダー」という楽器を楽しむ経験、位は全員に味わってほしいなぁと思います。



さて、今日は空き時間を使って1年生の教育実習の現場を見に、小学校巡回に行ってきました。

P6060622.jpg

最近の雨で校庭の半分ほどが水浸しになっていました。

今日はピアノクラブのメンバーが6年生に音楽を教えるとのこと。


P6060626.jpg

前持って準備していた歌詞と楽譜のプリントを配っています。
こんな場面、初めて見ます。


P6060631.jpg

養成校の授業で教えたことのある「ゆかいな牧場」と「蛍の光」(共にクメール語)を教えていました。
楽器なしだと不安定な子ども達の声が、鍵盤ハーモニカが入った途端、ばっちり合ってきます。やっぱり子どもは凄い。
そして、ピアノクラブのメンバーが弾く鍵盤ハーモニカもお上手。
細かいリズムなど、まだ間違っている部分もありましたが、学生みんなで一生懸命歌を教えている姿が嬉しかったです。

P6060646.jpg

そして、これまた、養成校の授業で教えている「動きをつけた歌」を実践してくれていました。
動物のマネをして自然ににやける子どもが可愛いです。



最後の時間は、学生の吹く鍵盤ハーモニカをBGMにして、椅子取りゲームをしていました。

P6060667.jpg



養成校で学んだことを早速実習で生かしてくれていることと、学生の先生らしい立ち振る舞いを見れたのは本当に嬉しい。
それと同時に、ここまで学んだことをやる力があるのなら、もう少しみっちり模擬授業を養成校で設定したり資料を工夫したりすれば良かったなという思いや、いや、でも実際に実践できるのは環境やスキルを鑑みても500人中何人いるんだろう、という途方にくれる思いもふつふつと。

本当に2年間は短い。
スッキリした思いで帰国というのは、私にとってレベルが高いようです。

再会と動物園

一年生の教育実習が始まり一週間が経ちました。
私の授業の持ち時間も減ったので、時々小学校や中学校巡回に行っています。
そんななか、実習にも関わらずクラブに通い続ける一年生に感動しています。特にピアノクラブのメンバーの成長がめまぐるしいです。

今日は14時から授業でしたが、180人いるはずの2年生のうち3人しか居ず。
みんな今日から始まる山の方のお祭りに行ったとのこと。

そして今は本当に久しぶりに大雨です。
この雨は本当に嬉しい。いよいよ雨季の始まりです。
薄暗くて涼しい中家に居れるのは至福の時。カンボジアにずっといると、「真っ青な晴天」に飽きてくるので。





さて、半月ほど前のことになりますが、カンボジアに来てすぐにお世話になったホームステイ先の家族に会いにタケオ州に行ってまいりました。

一年半以上ぶりだったにも関わらず、相変わらず優しく迎えてくれた家族と風景にほっと安心する滞在でした。本当にゆっくりとした村なので、久しぶりの桶からの水浴びも違和感なく。
おじいちゃんも以前と変わらない様子で、牛に餌をやり、市場に出かけ、昼寝をして、ラジオを聴いて、という生活をしていました。
生まれたばかりだったはずの女の子の赤ちゃんも近所のお姉さん達に鍛えられて、すっかりわんぱくになっていました。


P5140308.jpg

P5140323.jpg

P5140317.jpg





その後、プノンペンにほど近い所にある「自然動物園」へ。

ここは、厳密に言うと動物保護区で、ライオン、ヒョウ、ゾウ、クマ、サル、フクロウ、カワウソなどがいます。カンボジアでお目にかかれるのが意外!と思う位のバリエーションです。
この日は特に暑くて、持っていたペットボトルの水がお湯になるほどでしたが、やはり動物もぐったりで、
「少しも動きたくないぜ」
という動物の声が聴こえるようでした。


P5150338.jpg

P5150346.jpg

P5150340.jpg

P5150357.jpg

P5150347.jpg




入場料は外国人5ドル。カンボジア人3000リエル(約0.75ドル)。
機会がありましたら是非。

スウェーデンとカンボジアから母の日

私はすっかり忘れていたのですが、先日は母の日でした。

そんな中スウェーデンに住む友人から共同作業の企画が。
私の歌と彼女のピアノを合わせてそれぞれの母に送ろうというもの。
曲は「おかあさんの唄」
細田守監督作詞、高木正勝作曲で映画 "おおかみこどもの雨と雪" の主題歌になっている曲です。
オリジナルはアン・サリー。





"おかあさんの唄" by 高木正勝

まだ見ぬあなた 逢えますように
おなかをさすり いつも願った

ふうう ふうう どんな かおしてるかな
ふうう ふうう どんな こえをしてるの

おおきな瞳 わたしを映す
なみだの粒が ほほにはじける
まんま まんま おいで ごはんできたよ
たたた たたた おいで さんぽいこうよ

泣きはらした目で 膝を抱える
訳を聞かせて すべて話して
だいじょうぶ どこへも行かないよ
なにがあっても いっしょにいるよ
あなたの笑った顔が 好きよ
落ち込んでいても 元気をくれる

ルルル ルルル おいで 歌 歌おうよ
うおおん うおおん おいで のど 鳴らそうよ
きらら きらら のびのび 育っておくれ

雪を駆け 雲を数え 雨に遊び 風に吹かれて
花に埋もれ 草笛鳴らそう 四本足で 二本の足で

新しい朝 新しい風
あなたのために準備されたの
新しい朝 新しい光
世界はあなたのためにある
新しい朝 新しい虹
世界は不思議に満ちている
ふたつの道の どちらか選び 遥か彼方 見つめるまなざし

して あげられる こと もう なにも ないのかしら
いつか あなたが 旅立つときは きっと 笑って 見送ってあげる

ううう ううう でもちょっと さみしいかな
うおおん うおおん おねがい しっかり生きて


parts08_05.jpg


冒頭の部分はfeaturingカンボジアの野犬です。笑

お母さん目線の歌詞で、子から母に送る曲としてはちょっとちぐはぐで、「私たちがしっかり生きなきゃね笑」と友人が笑っていましたが、母親の柔らかさがしんしんと思い浮かぶ曲です。本当に、親ってなんという存在なんでしょう。

かなり時間がない中でしたが、私のピッチとリズム感の悪い声に、友人がなんとかピアノを合わせてくれたりエフェクトを付けてくれたり、、、して完成しました。高校・大学時代毎日していた発声練習がいかに大事だったのか思い知らされます。でも、久しぶりに集中して誰かのために歌うという時間がとても濃密で良かった。

新聞などのメディアにも出始めて、創ることにすごく自由に柔軟に貪欲に、どんどんパワーアップしている友人ですが、大学時代と変わらないテンションで一緒に物が作れるのは本当に嬉しいことだと思いました。大事な感覚を思い出させてくれる友人に感謝です。
ストックホルム在住で活躍中の友人のブログ是非覗いてください。
http://sayurimusik.blog130.fc2.com/



そういえば、曲を聴いた母の話によると、姪っ子(もうすぐ2歳)が歌に合わせて、ふんふん♪と歌っていたそうです。
帰国したら姪っ子と一緒に歌うのが楽しみ。

お茶と日本食

5月です。

IMG_3397.jpg
プルメリアが綺麗。


IMG_3411.jpg
他の花も色鮮やか。カラフルを集めている子ども。


このところ、短時間ですがようやく雨が降るようになってきました。
本当に恵みの雨。
相変わらず痛いくらいの日差しとモアンとして動かない暑い空気に包まれる日々ですが、そんな時に半年ぶりに降った雨はカラカラの地面に水を吸い込ませて、緑を濃くさせて、涼しい風を運んで、心からの幸せを感じさせてくれました。こんなに雨の到来を喜んだことはないなぁ。



さて、このところボランティア仲間がおすすめしてくれたのもあり、近所の市場でハーブを買ってせっせとお茶にして飲んでいます。
買うと言ってもひとつかみ10円程度の値段なのです…

P4300269.jpg

お気に入りは「レモングラス」と「どくだみ」
ちなみにカンボジア人はどくだみを料理と一緒に生で食します。意外といけます。日本だと天ぷらくらいかな。


P5030276.jpg

温かいままで飲む方が体に良さそうですが、さすがに猛暑が続くので冷やして飲んでいます。

「レモングラス」は、消化促進、殺菌、虫除けなど。「どくだみ」は、デトックス効果、冷え性予防、便秘解消などの効能があるようです。
高校生くらいまでは、どくだみなどを含んだ野草茶を毎日飲んでいたので、こちらで飲むお茶もとても懐かしい味でした。




ところで昨日は仏陀誕生祭で学校が休みでした。
なので、日本語クラブと音楽クラブに熱心に取り組む学生をうちに呼んで、「コロッケ」と「豚汁」を一緒に作って食べました。

P5020271.jpg

学生に手伝ってもらったコロッケ。(揚げる前)
気が付いたら衣をかなり節約して付けてくれていたみたいですが、笑 私が作るより綺麗!!!

P5020272.jpg

コロッケは好評でしたが、豚汁は実家の麹味噌を使ったので独特のクセがあったせいか、ちょっと食べにくそうにしていました。
でも、のこさず綺麗に食べてくれました◎

うすうす感づいてはいましたが、カンボジア人が喜ぶ日本食って本当に難しい!
可愛い学生たちとの昼下がりでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。